つくる大学 一日市キャンパス (Next Commons Lab事務局)

キャンパス
遠野駅から徒歩5分の一日市通りに面する大正づくりの物件「旧・千葉時計店」がつくる大学の本拠地です。かつて、 “馬千、人千”といわれ人が行き交い活気づいていたこの通りを、再び人が集まる場所にするために。“つくる”をテーマとした多様な講義をご用意してお待ちしています。1Fは飲食スペース、2Fが事務局です。
住所:〒028-0523 岩手県遠野市中央通り5-32

岩手県遠野市


遠野市は岩手県の内陸部にある町で、山岳・湿原・森林・渓流など、自然豊かな北上高地に位置しており、夏は涼しく、冬はマイナス15度にも達する雪深い地域です。東京都23区より一回り大きいほどの面積(826km²)に、30,000人弱の人々が暮らしています。柳田國男の「遠野物語」の題材となった町であり、河童や座敷童子などが登場する遠野民話で知られています。